お問合せ

健さん&ひかるのLet's go経営

ホーム > 健さん&ひかるのLet's go経営 > 第13回 健さんの考える事業承継 ~若い者に思いを託す~       

第13回 健さんの考える事業承継 ~若い者に思いを託す~

新年も明け、今年の抱負を述べる健さんとひかる。

新事業所の立ち上げを目標に掲げたひかるに対して

息子への事業承継と答えた健さん。

今回は事業承継について思うことを二人が語ります。 

 さくら 

新年あけましておめでとうございます。     


 健さん 

おめでとう、2人とも今年もよろしく!     


 さくら 

さて、お2人は何か目標は掲げましたか?


 ひかる 

僕は去年から動いている話だけど、

夏までには新しい事業所を立ち上げることが

最大の目玉かな?         


 健さん 

俺のほうは息子への事業承継をそろそろ始めるんだ。 


 さくら 

50代後半で継承を進めるんですか?早いですね。


 健さん 

そうだな、年齢ではなく大切なのはズルズルと

引き継ぐのではなく、期限を決めて明確に引き継ぐこと。


 ひかる 

「専務」という立場が長く続く後継者って結構いますよね。       


 健さん 

息子が年取ってからではいざ事業承継したときには

気持ちの高ぶりも薄れ、経営者への意識転換が

より難しくなると思うんだ。


 ひかる 

なるほど。

健さんは急に死んでしまうことって考えていますか?       


 健さん 

そりゃ考えるよ。死ぬこと考えないで

事業していたら無責任だよな。


 さくら 

私もそう思います。もしもの時は勤めている

社員の方やお取引先にも影響しますものね。


 ひかる 

事業承継は経営者としての総仕上げのようなもので、

考え方によっては「晴れの門出」ですね。



 健さん 

そうだな、カッコ良く事業を引き継ぎ、若い者に託す。

ひかるの言う通りだよ!



 ひかる 

いいですね、健さんの経営者としての引き際、

見せてください!


 健さん 

おいおい、だからって今年1年で終わらす訳

じゃないからな。


  ご意見、ご感想はこちら