お問合せ

健さん&ひかるのLet's go経営

ホーム > 健さん&ひかるのLet's go経営 > 第19回 この先も続くのか、減りつつある会話というコミュニケーション

第19回 この先も続くのか、減りつつある会話というコミュニケーション

7月に入り気付けば半年が過ぎていることに驚く3人だが、この数か月で変わったことを尋ねるさくらに、人と会って話す機会が極端に減ったと答える健さん。

さて、この体験が今後の経営にどう活かされるのか考える

 さくら 

あっという間に半年が過ぎ7月になりましたね。

お変わりないですか?         


 健さん 

俺は会合とかも減り、人と話す機会がかなり減ったよ。

有意義に時間を使うことについて見直されるとしたら、これは良いことだよな。     


 さくら 

私が最近感じるのは、経営者の方とお会いすると、いつもは口数の少ない方が、長々とお話しするケースが多くなりました。      


 ひかる 

例えて言うなら、コロナと向き合う日々って、数か月の間、毎日雨が降り続いている心境に似ていて、久しぶりに人に会って話すと、心が晴れるんじゃないかな?


 健さん 

なるほど、上手いこと言うね。

俺はね、テレビ報道にやられている人も多いと思うよ。

コロナ報道が嫌でテレビ観ない人増えてんじゃないかな?


 さくら 

それ、私です。テレビを一度も観ない日もありますよ。


 ひかる 

「人と会って話す機会」が減るって経営的にはどうなんですか?


 健さん 

少なくとも既存のお客様や社員、取引先に対しては、会うか会わないかではなく色々な工夫をして、コミュニケーションを取る必要はある。

問題なのは、新規顧客の獲得や人脈の拡げ方だよな。


 ひかる 

そうですよね、商売が上手くいくのは、「恩人や良き協力者との出会いがあってこそ」って健さん言っていましたよね?


 健さん 

確かに「人と会って話す機会」は必ず減る。

でも事業への思いを社長が発信しなければ、恩人や良き協力者にも知り合えないし、そもそも事業は成功しない。


 さくら 

その方法を考えるのがこれからの中小企業の課題ですね!


 ひかる 

なるほど、世の中が変化するのだから新しい課題を見つけるのは経営者の役割ってことだね。


 健さん 

でも俺は人と会って話す機会は減らさないからな。

さて、ひかる飲み行くぞ!

 ご意見、ご感想はこちら